整体師になるには資格って必要になる?

MENU

整体師になるには資格って必要になる?

整体師の資格は、医師や看護師等の国家資格とは違い、民間資格になります。そのため、法律上は必ず必要な資格ではありませんが、実際に働いている方はきちんと取得し、働いている方がほとんどです。

 

しかしながら、下記の仕事に従事する場合には、国家資格が必要になります。
・鍼灸師
・柔道整復師
・あん摩マッサージ師
上記の場合には、各々の養成学校で学ぶ必要があり、国家試験に合格しなければなりません。注意しなければならないのは、整体師と鍼灸師、柔道整復師、あん摩マッサージ師とは一見同じように見られがちですが、全くの別物だということです。

 

整体師の仕事としては、身体の様々な痛みや症状を改善していくことが主な仕事になります。最近では、健康や癒しを求めてきている方が増加傾向にあるため、美容業界やスポーツ業界、心理カウンセラーの役割をになったりと、幅広いジャンルでの仕事があります。

 

代表的な仕事例としては、以下のようなものがあります。
・スポーツ選手のケアやアフターフォロー
・肩こり、腰痛などの緩和
・仕事や生活などから発生する疲れの軽減
・姿勢の改善

 

整体師は上記の通り国家資格ではないため、極端な話ですが、未経験であっても仕事をすることができます。しかしながら、あいまいな知識や施術は危険が伴いますし、患者さんへの信頼度も違ってきます。また、手技の良さも重要なファクターですが、患者さんへの安心感や信頼度も同様に、収入へ直結することになります。

 

そのためには、十分な知識や技量を身に着ける必要があります。そのための教育機関として整体学校や通信教育などがあります。また、整体師の民間資格は、整体学校や通信教育で取得することができます。内容としましては、筋肉や関節の働きといった運動学や生理学などを学び、それをもとに手技を学んで行きます。

 

この学校や通信教育のカリキュラムを修了することで、修了書がひよされます。これが整体師の民間資格になります。